ゆきログ - ファッションレンタル社長の日常-

月額制ファッションレンタルLicie 代表・ゆきねーの日常ブログ。事業で格闘する毎日を綴ります。

女子流♡独立起業ノート -はじめに-

考えは、日に日に変化していく。

はじめ持った想いが風化していくこともある。

今、わたしはいろんな悩みを抱えていて、

じぶんに自信をなくすことが多い。

そんな自分を整理するためにも、

なぜ会社をつくったのか、

それを記録として書き記し、表現しておこうと思います。

そして、もうひとつ、わたしが選択した

「自分の名前で生きる」という道は、

一見きらびやかに、華やかに見えるため、

その道に憧れるひとたちが多いです。

ただ、それは本当に小さな一面であってすべてではなく。

表面だけを見て、安易に選択してほしくはない道だったりもします。

それでも、わたしは「この道」を選んでよかったと、

今の自分が大好きだと心から思っています。

繰り返しますが、

わたしはまだ発展途上すぎる人間で、

たぶんわたしから得られるものって

ぶっちゃけあんまないかもですが笑

わたしがたどってきた道が、今後何かのヒントになれば幸いです。

GIRLS PARTY Official Blog|女子会プロデューサー 木原悠紀子のブログ

よく世間で活躍している起業家さんや社長さん達は

前職時代○○で表彰!! とか新規営業200社!!とか、

具体的な実績をあげていたり。

ミス○○でメディアで活動、のちに起業!など、

華やかな実績を持たれている方が多いなーと感じていました。

※あくまでわたしの印象です※

自慢じゃないけれど(笑)

わたしには一切こういう実績がありません。

新卒で編集職につき、先輩からたくさん怒られて、

上司に何度もあきれられ、けれど根性だけは座ってるw

空気の読めない発言も多数し、何度場を凍らせたかわからない。

わたしはいわゆる「問題児」だったと思います。

ただ元気と明るさだけは飛びぬけていたから、

マスコットキャラクターみたいな立ち位置でしたね。

「木原ちゃんは抜けること言ってて、みんなを和ませてくれればいいよー」みたいな。

実際言われていましたw

前述したとおり、わたしは会社で表彰されたこともなければ、

媒体の命運をかけるプロジェクトなどに抜擢されたことも

ほとんどありません。ふっつーの社員でした。

わたしは会社で実績を作ったのではなく

社外で実績を作ることから始めたのです。

正直に話すと、社内で実績をつくることは、

わたしは最初から違うなと感じていたから。

そして、それがわたしが起業することができた最大の理由だったりします。

次回は「違う」と感じた違和感と理由についてお話ししようと思います♡