ゆきログ - ファッションレンタル社長の日常-

月額制ファッションレンタルLicie 代表・ゆきねーの日常ブログ。事業で格闘する毎日を綴ります。

【アラサー恋愛談義】結婚の決め手となったらしい“引き出さない女”とは?

久しぶりのシリーズ更新です。

 

このアラサー恋愛談義シリーズ、夫も結構シェアしてくれているので、

オンラインでもオフラインでも、夫の友人から

 

「奥さん、あのブログの人だったんだね!!」と言われます、

はい、“あのブログ”の人ですどうもこんにちは。

 

f:id:yukiko_licie:20160604125947j:plain

愉快さなら割と負けない藤田夫婦でございます。

 

早いもので、もう入籍してから一ヶ月以上経ちましたが、

結婚報告をSNSでした時、夫がこんなことを書いたんですわ。

 

■嫁はこんな人
・表参道でファッションシェアリングしてる社長
・女子会プロデューサー
・犬も歩けば棒に当たる、嫁が歩くとトラブル多発www\(^o^)/
・トラブル多発なので、毎日飽きさせない
・最近のブーム「おそ松さん」推し松は長男
・朝が超絶弱いから独立した
・お風呂上がりのビールが至福の時
・手料理がお店レベルに美味いと評判
・若い時はパーティーピーポーw\(^o^)/
・休日はだいたいカフェで2人ノマドワーク
・僕が外で動きまくってても文句言わない←これ大事!!!
・男から引き出さない女←これ超大事!!! 

この、最後の部分が夫の周辺で「どういうこと!?」

話題になったそうですwww

 

結婚の決め手になったといっても過言ではないらしい、

「男から引き出さない女」について、夫は夫でこれをネタに

メルマガだったりセミナーだったりでたぶんやると思うんですが、

私生活でネタになるようなモノがあったらコンテンツにするような夫婦なので、

私の方でもさくっと解説しておくことにいたしましょう(先手必勝!←なんの?)

 

引き出さない女とは、おそらく

エンゲル係数が低い

・喜びの沸点が低い

・自分で幸福度を操れる

 

のことではないかと、話を聞く限りこう分析しております。

 

うん、えっと、もっとわかりやすく言うと

男から金と精神エネルギーを吸い取らない

ということです。

 

ここでちょっと問題提起をします。

恋愛市場における男性はこう振舞うべきだ理論

 

あれがあるせいで、タラレバ娘的こじらせ女子を増殖させていると思います。

 

・デートのお店は男性が予約するべきだ

・デートの前日に店を決めるなんてありえない

・当日なんて問題外

・支払いは絶対おごりで

・旅費が割り勘なんてちょっと・・・

etc.etc.

 

私は女性が、

・それを男性に完成系を求めている

・別に求めてないけど、してくれたらそりゃ嬉しい

 

このどちらかを考え方として持っておくかで、

男性のイケメン化成長性が変わるのではないかと思っていて。

 

前者はね、反応が、どんなに隠していても

「上から目線」になっちゃうんです。

「できて当然だよね、いい大人の男だし」っていうニュアンスがぷんぷん出ちゃうんです。

 

そう、精神エネルギーの搾取です。 

 

後者は、そもそも最初からそれを想定していなかったから

「え!! わ、ありがとーーーー!!! 忙しかったのに、探してくれたんだ、当日楽しみだね★」

になるわけです、心の底から。

 

そうなると、不思議なものでね、

男性、またその笑顔が見たくて、がんばっちゃうんです。

 

別にその子は「男性はそうするべき」と思っているわけでないのに、

お店ぐらい自分で選ぶよーと思っているのに、

嬉しそうな顔が見たくて、自然と食べログチェックをしちゃうわけです。

 

需要と供給が一致しませんね。笑

 

そういう男性を最初から条件と掲げている女性には、

驚くほど、独身のこの手の男性が継続して当たらない。

そう、リピートがない。

 

あ、この子、デートするの毎回力入りそうだな、

疲れるな、もう俺も年だし、そんな毎回頑張れないし、

家ではやっぱ癒されたいし・・・(うんたらかんたろ)

 

になり、本命にはならないんです。

 

・・・ん?

そんなのいい男じゃないって? ただの甲斐性なしだって??

 

断言します。

アラサー女子が「男はこうじゃなきゃダメでしょ」って

立ち振る舞いが最初から120%できる人なんて、

ただの現代版★光源氏です。

(一応新妻だからオブラートに包んだの意味察して)

 

お前は俺に光源氏になれというのか、

じゃあお前は藤壺か、絶対違うよな、せめて葵の上ぐらいにはなってくれよ・・・

お前もう六条御息所だよ・・・

六条御息所 - Wikipedia

 

今、仮にあなたの目の前に、立ち振る舞いがスマートな男性がいたとして、

それは過去の女性達が頑張って、彼がそうなるように

教育したんだよ!!!!!!!

 

 ・・・はい、話が脱線しました。

 

とどのつまり、ぶっちゃけ結果だけ見ると同じなんですよ。

 

デートの場所を男性が予約し、支払いは男性が済ませ、誕生日にプレゼントを贈る。

 

結果は確かに同じです。

かかってる金額はそんな変わらないかもしれない。

(高額なプレゼントを請求していない限り)

 

問題は、

笑顔が見たいというそれだけの理由で自らやったか、

「そうしないと次もないよなあ・・・」という強迫観念でやったか。

それに至るまでどれだけ精神エネルギーを使ったか、によると思うんです。

 

※あ、ちなみにプレゼントは高級ブランドものじゃなきゃ〜という視点は論外です

結婚したらお財布は別財布だらうがなんだろうが、財産としては一緒になります。

理由のない散財はNGです。

 

確かにゴールはそんなに変わらないのに、そのゴールに向かう過程が違うだけで、

男から引き出していると思われるか思われないか、が違ってくるという話。

 

そして最後に、重要なのが、お礼。

 

デートの場所を予約してもらったら、

「じゃあ、カフェは私が探すね!」とか、

ディナーをご馳走してもらったら、

(金額は同等じゃないかもだけど)「朝ごはん用意するね!」とか。

 

このプラスがあるかないかで結構変わってくるとおらは思う出す。

 

恋愛において、何が正解か不正解かなんて

そんなのは存在しないし、人それどれ違うはず。

 

でも「男性はこうあるべき」という概念をとっぱらい、

些細なことでも喜びを感じられる体質になることで、

幸福をコントロールできる人間になれるのは間違いない。なぜなら私自らが努力してきたことでもあるからだ。

 

考えてみて?

 

「女はこうじゃなきゃダメだよ」

「こんなの女失格だよ」とか言われたら、

軽く殺意イラっとするでしょ??

 

とどのつまりはそういうこと。

 

以上、嫁的「引き出さない女」考察でした。